交通事故で自賠責非適用車両による加害は被害者はどう処理?

日本で購入する車両は、基本的に自賠責保険を購入時に掛けなければ車両登録が出来ません。しかし、車両の中には自賠責が適用されない車両も存在しているようで、例えば日本の自衛隊や在日米軍などの特殊車両などはナンバーを見れば分かりますが一般車両とは大きく異なっているのが分かります。

このような自賠責非適用車両が交通事故で加害者になってしまった場合は無保険と同じようなものでして、被害者としてはどう処理して良いか困惑してしまうこともあるでしょう。

実はこのようなケースでは日本政府における保障事業を使うことで、治療費に回すことが出来ると言えるでしょう。これは被害者しか政府に請求は出来ませんが、すべての交通事故ケースに適用されると言うわけではありません。

また、請求についても事故日や症状固定日から3年以内にしかできないと言うこともあって、つまりは被害者にとって治療費を捻出できる最終的な対策であると言える分けですね。