歩行者の交通事故被害では最も役に立つ弁護士費用特約!

今の時代はどんなに気を付けていても、安全な歩道を歩いている歩行者でも突然車が突っ込んできて交通事故遭う危険性が高い時代となりました。最近は自動車事故に関する損害賠償について弁護士を使って交渉する場合に、弁護士費用を負担してくれる特約が自動車保険に付けられることも多くなっています。

実はこの自動車保険の弁護士費用特約について、意外に知られていないあるポイントがあります。それは、自動車に負ってない時で自分が歩行中に自動車事故に遭った際も特約が適用される点です。

自動車保険に附帯されているものなので、一見すると自分の自動車を運転した時の事故でないと適用されないのかと思いがちです。しかし実際は、歩いていた時の事故でも適用される非常に優秀な特約であると言えるでしょう。

特に歩行時の事故は被害者の過失がゼロになることも考えられますので、通常は保険会社が示談代行してくれない案件でもこの弁護士費用特約は相手の保険会社に弁護士で対応させてれくれます。