交通事故被害者が保険を使って先ず治療費を捻出するには?

交通事故に遭った被害者がまず真っ先に頭の中によぎるのは、健康回復のための治療費をどうやって捻出するかです。一般的には相手の自賠責保険から治療費を支払ってもらうことが出来ますが、後遺障害が認められない限り仮払いが出来るのは最高でも120万円となって行きます。

120万円で治療を行っていくのは費用に足が出る場合が極めて高く、この場合は健康保険を使って治療を行った方が結果的に手元に残る金額が多くなるでしょう。交通事故で健康保険は使えないと言う医療機関もありますが、それはハッキリ言って嘘になる分けです。

基本的にどのような原因の怪我や疾病でも健康保険を使って治療できることになり、現に弁護士も場合によっては薦めることが多いでしょう。そのため、ある程度貯蓄があって一定期間の治療に耐えられる方であれば健康保険で対応する方が有利になります。その後、自身の生命保険・医療保険でも補償もしてもらえるので経済的に将来的に補償してもらえます。