意外なほど多い被害者に意見を聞かずに勝手に交通事故の示談を進める弁護士!

非常に多くの弁護士によって扱われることの多くなった交通事故案件になりますが、その中から自分に合った弁護士を選び抜くと言うのは非常に難しいことです。特に最近の弁護士は、依頼人となることの多い交通事故の被害者の話を良く聞かずに処理を進めていくこともも多いとされます。

このような状況はもちろんすべての弁護士に起こる分けではありませんが、結果的に示談代行などで被害者に全く不利な状況で交渉妥結されることもかなりあるのです。

弁護士側からすれば被害者の慰謝料が幾らかを問わず、少しでも早めに弁護士報酬を獲得したい気持ちがあるようで、和解や訴訟に持ち込めばもっと多くの慰謝料が貰えたはずなのに強引に相手側の保険会社の示談提示を受け入れることもあるでしょう。

交通事故の案件は弁護士が思う以上に経験と高い専門知識が必要な分野です。事務的な代行で十分と思っている弁護士をセレクトしますと一生後悔することになりますので注意が必要です。