交通事故の自動車保険における弁護士費用特約は保険会社にとって有利か不利か?

交通事故の損害賠償などで使われることが多くなって来た弁護士費用特約、事故直後にお金が無くても交渉ために弁護士を雇うことが出来る便利な特約だと言えます。しかし、この制度は被害者にとっては良い制度ですが、保険商品として用意しているのは保険会社自身であっても彼らにとって不利になることは無いのでしょうか?

自動車保険加入者で、弁護士使用特約を附帯している方が交通事故に遭う確率と言うのは極めて低いと言えます。そのため、通常の自動車保険料に若干上乗せして徴収する状況にて、たまに起こる加入者の交通事故に対して弁護士を無料で付けさせてもトータル保険料から見れば足が出来ることはあり得ない分けです。

弁護士費用特約が適用されれば加入者への費用負担が生じますが、それでも保険会社自身の財務状況の有利さは何の変化もないことが挙げられます。それでも、加入者に対して交通事故が起きても弁護士をすぐに無料で付けられると言う安心感は非常に大きいと言えますのでやはり画期的な特約となるでしょう。