もらい事故の時こそ弁護士に

自動車事故の際に頼りにしたいのが自動車保険会社です。任意保険で毎年何万円と保険料を支払っているわけですから、当然万が一の事故の時には最も頼りになると誰もが思っています。しかし、多くの方が知らない点の一つに、自分に過失が全くない事故、例えば信号待ち停車中の被追突事故などの、相手に100%過失がある事故の場合、皆さんの保険会社は特に何かを対応してくれるわけではない、という点があります。つまりこちらに過失がない状態では、そもそも保険を使うことにならないため、保険会社は示談交渉などもすることができないのです。ですから、加害者側の保険会社と直接皆さんが示談交渉を行うことになるわけです。そうするとどういう問題が起きるか?そうです、加害者側がきちんと誠意のある対応をしてくれれば問題ないのですが、被害者である皆さんにとって納得のいく賠償額が支払われない場合や、示談を進めようとしない、自分の非を認めようとしないといったストレスとなる状況が発生することがあります。さて、そんな時に助けになるのが弁護士費用特約です。この特約を使って弁護士に示談交渉を依頼することができます。弁護士はこのような状況でも相手保険会社と交渉をしてくれます。そして、実際に弁護士はこれまでの判例を詳しく知っているため、今回の賠償額が妥当なものか客観的に判断することができます。そして皆さんにとって必要なサポートをしてくれます。それでもらい事故であってもまずは相談することを忘れないようにしましょう。