交通事故では慰謝料も地域差がある!優秀な弁護士はそれも考慮!

交通事故になって万が一訴訟にまで発展しますと、基本的に被害者が裁判所に訴えて民事訴訟となるケースが一般的です。この場合には、被害者の住所・事故発生地・加害者の住所など関連する住所がいくつもあるので、どこで被害者は何処で裁判を起こすべきか困惑する場合もあるでしょう。

このように複数の土地で訴訟理由によって提訴する場所が分けられる場合は、被害者が原告であればどこで3つの住所地のどこで提訴しても良いと言うことになる分けです。そのため、被害者の場合は住所を管轄する裁判所に提訴することが圧倒的に多くなりますよ。

しかし、提訴した裁判所によって判断される慰謝料にも実のところ地域差が存在していて、これは各地で設定してある最低賃金が異なるような感覚だとされます。本来裁判所で判断される金額基準は統一されるべきですが実際はそうならず、これにより優秀な弁護士になりますとこれを加味して慰謝料額を算定して加害者や保険会社にしっかりと求めていく分けですね。